行政保健師求人トップページ > 行政保健師を辞めたい場合は?

行政保健師を辞めたい場合は?

行政保健師は医師や看護師に比べて離職率が低いとされています。そして行政保健師になると公務員として扱われるので、民間企業や施設などに比べると高待遇で比較的働きやすさがメリットの職種です。しかし人によっては保健師の仕事にやりがいを感じないこと、人と接することが苦しくなること、職場の人間関係がうまくいかないことなど、さまざまな理由で行政保健師を辞めたい場合もあるでしょう。過去に行われたアンケートでは、保健師のほとんどの人は一度は辞めようと考えたことがあると言います。しかし実際に保健師を辞めた人は全体の1割ほどとされており、最終的には職場にとどまってしまうケースが多いのです。

その理由に挙げられるものとしては、まず行政保健師は再就職が難しいことです。比較的転職しやすい医師や看護師とは違い、行政保健師は医療や福祉業界で需要数が少なく、求人も頻繁には掲載されません。求人数が少ないと自ずと目にすることも少なくなり就職のチャンスを逃してしまいます。次に行政保健師は公務員であることです。保健師の資格はもちろん、公務員の試験を受けなければいけないので難易度はかなり高いと言えます。また公務員の場合、民間企業などに比べて求人数が少なく人気が高いので希望の職場に再就職することが難しいようです。公務員には年齢制限もあるため、ある程度の年齢になると更に再就職が難しくなります。これらのことから、職場が原因で転職を考えている人は転職の一歩が踏み出せないようです。

行政保健師の仕事にやりがいを感じない方、将来性が低くても転職を希望している方などどうしても行政保健師を辞めたい場合は、保健師・看護師求人サイトを利用しキャリアコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。専門のサイトには専属コンサルタントが存在し、専門知識も豊富なのできっと転職に役立つことでしょう。

転職サイトに登録しておくと、行政保健師の求人が出たらすぐに連絡をもらうことができますし、一般では出回らない非公開求人を見ることもできます。また行政保健師として再就職するのか、民間病院や施設に就職するのか、その他の職種に変更するのかを相談し、今の自分に一番適した仕事を探しながら迷ったらアドバイスを貰うことも可能です。

一時の感情に流されず、まずはどうして仕事を辞めたいのかを把握しておくことが大切です。辞める決意をしてもすぐに職場を離れることはせずに、まずは転職サイトや求人情報誌などで転職活動を開始し、仕事が見つかって職場を離れることをおすすめします。