行政保健師求人トップページ > 行政保健師の仕事内容は?

行政保健師の仕事内容は?

行政保健師の主な仕事は保健センターや福祉事務所などの保健所に勤務し、地域の公衆衛生や保健サービス・障害者への支援などに直接関わることです。一般的に馴染みのあるニュースで言えば、インフルエンザの流行や食中毒の発生状況は行政保健師が調査・管理することになっています。そのためこれらを予防する手段として設けられた注意報などは、行政保健師が注意喚起しているのです。

また、低出征体重児などで出産した新生児の家庭を訪問して保護者の相談にのったり、地域で実施されている乳幼児健診・歯科検診・母親学級などの開催や高齢者へのケアなどを中心として、その地域における健康相談や保健事業に従事することになります。母子保健業務に関してはアルバイトやパートで臨時職員が募集される場合もあり、対象者の自宅を訪問して新生児の発達状況を調査・報告します。

看護師のように医療現場の最前線で活躍するわけではありませんが、地域全体の健康を守る意味では社会性の高い仕事であると言えるでしょう。自治体の職員となるのでお堅い印象に受け取られてしまいますが、ウォーキング大会の企画・運営や生活習慣病予防教室などで地域の人と触れ合うこともできるのです。担当する地区が決まっているので、住民の声を拾い上げてより地域に密着した保健指導や健康相談を行っています。

保健指導業務にもさまざまなものがあるのですが、どちらかと言えばデスクワークの方が多いかもしれません。医療機関と連携を図るための調整や連絡。各種書類の申請事務や電話応対など担当する業務によっても違いますが、行政職なので書面で残しておかなければならないものも多いわけです。特定疾患に関する研修もあり、看護師と同じように勉強会やミーティングもあります。

最近では災害支援の保健活動として、行政保健師が派遣チームの一員となっています。災害発生時には国や自治体からの要請に伴って被災地へ派遣されます。行政保健師は公務員なので、災害派遣や都道府県内での転勤も業務に含まれるのです。もちろん人事については家庭の事情や環境も配慮してもらえますが、職場や担当部署の移動は避けられません。

少し違う転職先としては、市区町村の保健所以外にも警察署内で行政保健師として勤務する場合があります。もちろん署員の健康管理や指導をするのが主な仕事内容ですが、自治体の施設で働く場合と比較すると、公務員なので行政保健師には該当していても産業保健師と同じような業務になります。