行政保健師求人トップページ > 行政保健師の役割・仕事内容は?

行政保健師の役割・仕事内容は?

行政保健師を目指し転職を希望しているのであれば、行政保健師というものの役割や仕事の内容を覚えておくと良いでしょう。まずは行政保健師と呼ばれる保健師は、一言でいっても大きく二つに分けることができるということです。行政保健師は、市町村保健師と、保健所保健師に分けることができます。

市町村保健師が担当する人たちは、その市町村の全住民であり、乳幼児、妊産婦、成人から高齢者まで幅広い年齢層の人間を対象とします。乳幼児や妊産婦の家庭訪問であったり、定期健診を行うこと。またガン検診や婦人検診をはじめとする健康診断の計画や実施。障害者の支援を行うこと。高齢者への介護のサポートなどを行っていきます。その他にも、地域住民の健康相談であったり保健指導を行うことも大事な仕事だし、行政的な立場から、市町村や都道府県へ現場の声を届ける橋渡し的な役割も果たさなければなりません。一番住民の生活に密着した保健師だといえるでしょう。

行政保健師のもうひとつの枠組みである、保健所保健師は、市町村保健師とは異なり、受け持つべき対象者が、より限定されることになります。広く病気を未然に防ぐ保健公衆衛生業務というものが主な仕事になっていきます。障害者であったり、難病を抱えている患者、結核患者や、エイズ患者への保健サービスの提供を行っていきます。また疫病などに関する危機管理などを行うことも大事な仕事のひとつですね。毎年流行するインフルエンザや、これまでにあまり世間での見識がないような、見えない猛威であったり、脅威を持つ新しい感染症の情報をいち早くキャッチして、感染拡大を防ぎ、予防策をとるのというものが保健所保健師の主な役割になっています。

短的に言ってしまうと、地域住民の健康を守り、病気を予防するというお仕事と言えるのではないでしょうか。また勤務する行政によって、それぞれに地域特性というものがあるということを、忘れてはならない大きなポイントのひとつでもありますね。寒い気候が1年の大半をしめる地域と、温暖な地域、また四季の移り変わりがしっかりと見られるような地域では、流行る病気も変わってきますし、予防をすべき病気の種類なんてものも変わってくるでしょう。

また人口の割合によっても、高齢者に力を入れるのか、幼児や新生児、妊婦などのこれから成長していく新しい世代にターゲットを絞っているのかでも、まったく求められるスキルが変わってきますから、そのことを頭に入れておくべきでしょうね。