行政保健師求人トップページ > 行政保健師の志望動機の例は?

行政保健師の志望動機の例は?

保健師の志望動機とは、一体どのようなものが一番適していて、パスしやすいと言えるのでしょうか。保健師の採用試験を受ける場合には、この志望動機で悩む人が多いと言えるのではないかと思います。行政保健師の面接試験以外でも、一般の職業でも、志望動機というものは、頭を悩ませることになるものでしょう。確かに、看護師や医師などの職業の場合には、率直に人の為になりたい、とか自分が入院や病気の際に、手厚い看護などを経験して自分も患者さんの為に働いてみたくなった、とかそういったものだけでも、十分に通じることでしょう。しかし、保健師の場合は、どうすることがベターなのでしょうか。

まず把握しておいて欲しいことは、保健師として仕事についている人の殆どの人間が、看護師の免許も持っているという事実です。そのため、看護師の免許を持っていながら保健師の道に進むということは、保健師という仕事には、それを決断させるための特別な何かが、隠れているのだと言えるでしょう。

元々、人間が何かを始める際のきっかけなんてものは、人によって様々違っていることでしょう。自分が思う将来になりたい職業の理想像であったり、それに対しての自分の思いや、独自の考え方などを組み合わせて、このような理由でこういった仕事をしていきたいと、相手に伝えることで充分な理由になると言えるでしょう。保健師の志望動機なんてものも、まったく同じように考えていけばいいわけですよ。そこまで難しく考える必要はないわけです。

自分が看護師の道ではなく、保健師を選択した理由や、保健師を目指すきっかけになったことを、今一度思い出すようにすることが大事だと言えるのですよ。一般的によくある志望動機なんてものを見てみると、多くの人間に頼りにされたいと思っているからとか、人の支えになれるような、他人の役に立てるような仕事をしたいと思っているからという願望から、保健師を目指したという理由があるようですよ。

保健師という仕事が影響を与えるのは、なにも患者さんだけではありません。患者さんの家族たちに対しても、とても大きな影響を与えている職業であるということを、しっかりと把握しておくべきなのです。保健師という仕事は、様々な人々の支えとなりえる仕事だということを自覚しましょう。人の為になりたいから、誰かの支えになってあげたいから、誰かに頼ってもらいたいから…。ありきたりかもしれませんが、こういった志望動機でも十分認めてもらえる可能性が高いのです。志望動機を述べるときには、自分の気持ちや考えに自信を持ちましょう。