行政保健師求人トップページ > 行政保健師で採用されるための就活方法は?

行政保健師で採用されるための就活方法は?

看護師と保健師を一色多にして考えていると、転職や就職活動には失敗することになってしまうことでしょう。看護師の資格取得があって始めて保健師になれるものですから、何気にこういった部分でごっちゃになっているような場合が多いのです。

しかしながら、転職活動において、看護師と保健師を比較するようなことをしてはならないのです。看護師の場合、その求人数は非常に多く、はっきりいって転職活動や就職活動は、売り手市場だと言えるでしょう。当然に看護師の働く場所などによっても、その割合は変わってくることになるでしょうが、保健師のそれと比べると、看護師の方がはるかに転職はしやすい環境だと言えるでしょう。

保健師の就職や転職は、はっきりいって難しいと言えるでしょう。その原因は、まず保健師の求人というものは、はっきりいって看護師と比較すると、かなり少ないということです。また保健師の離職率が非常に低いということがその要因として挙げられるのです。

まずは求人数が少ないという問題ですが、看護師と比較した場合、看護師は、ひとつの病棟において、24時間持続して、50人ほどの患者さんをフォローするために、1病棟につき30名ほどが配置されることになるわけです。ですから、求人募集をかける際にも、その絶対数は多くなって当然なわけです。しかしながら、一方で行政保健師の場合には、はっきりいって数名だけの募集になります。採用の状況をたとえてみれば、それはまるで、椅子取りゲームの終盤のような状況だと言って良いでしょう。

また保健師という職業は、看護師のように3交代制なんてものではなく、2交代制でもなく、提示にしっかりと労働が終わることが多く、さらには休みなんてものも確定しているために、プライベートが充実しているという傾向があるのですよ。一度この椅子に座ってしまえば、あまりの医療業界における仕事の中でも、居心地の良さというものを感じるものですから、離職をするなんてことは思いつかず、長年に渡って勤続する人間が多いのですよ。

保健師として採用されるためのポイントとしては、どれだけ効率よく、そしてタイミングよく、求人情報を見つけられるかにあるでしょう。そこで効果的なアクションとして、医療業界に特化した転職支援サービスサイトに登録し、求人を探すという方法が、なによりも就活を成功させるコツとなるのですよ。これをしっかりと頭に入れて、転職や就職活動を行っていきましょう。