行政保健師求人トップページ > 行政保健師の求人倍率はどれくらい?

行政保健師の求人倍率はどれくらい?

都道府県や市区町村に設置された保健所であったり、各地域に存在している保健センターで働く保健師の事を行政保健師と呼んでいます。行政保健師の求人募集は、一般的には市役所など公的機関のホームページに公開されるのが人材募集のスタンダードな方法だといえるわけです。しかしながら、必ずしも公式ホームページで求人募集を行うというだけの方法を取るのではなく、急な欠員が出てしまって、人材を募集したいという時には、医療系に特化した転職支援サービスサイトなどを通して、求人募集を依頼することも多くあるのです。つまりは、誰でも簡単で、なおかつ無料で利用できる、転職支援サービスから行政保健師になるチャンスも多分にあると言えるのです。

一般的に行政保健師という職業で働くのは、非常に狭き門であると言われているのです。もちろんそこには、地域差というものも影響するでしょうし、一概にはいう事ができないでしょうが、行政保健師の採用倍率は、一般的な情報として、10〜20倍程度と言われているんですね。保健師の資格を持っているだけでは、はっきりいって採用される事は難しいでしょう。難関である行政保健師に採用されるために、何が必要な事かというのは、行政保健師の求人募集に対して、面接時の傾向や対策、履歴書の書き方を工夫するという事にほかならないのです。

一般企業でも、大手の会社であるかどうか?ということと、誰もが知っているような有名企業に転職をしたいとか就職をしたいなんていうような場合には、ただ普通に書類選考に履歴書を漠然と送ってみたり、面談の際にはある程度の傾向や癖なんてものが分かるものですが、これは保健師業界でも同じようなことが言えるわけです。

評価されやすい履歴書の書き方や面接の受け方というものは、それぞれの地域によって変わってくるものなのです。行政機関に対して印象の良い就職活動と言うものもあります。しかし、こうした知識について教えてくれる書籍などはまずありません。そのため、どのように転職活動の準備を心がければよいのか悩んでしまうという人も多いでしょう。このような悩みをきちんと真正面から対応し、解決する。また履歴書でウケの良いインパクトが強い履歴書を作成して送ることができたのであれば、狭き門と言われている行政保健師への道も明るい未来が待ち構えていると考えましょう。

転職支援サービスサイトなんて便利なものがあるんだから、こういった有効なツールは使わなきゃ損ですよ。