行政保健師求人トップページ > 行政保健師で国家公務員になれる?

行政保健師で国家公務員になれる?

日本全国には地域住民の健康の改善を担う医療機関の他に、地方公共団体や地方自治体が主体になって衛生指導や健康維持の啓発を行っていくための保健所や保健センターなども存在しています。このような保健所などの機関には、一般的に行政保健師と呼ばれる保健師さんが在籍しています。

この行政保健師さんの役割は、正看護師資格保有者でありますが看護師さんのように患者の身体的ケアを行うと言うわけではありません。主に地域住民のために健康指導はもちろん、伝染病などの予防などの啓発を行っていくことが大きな業務となって行くのです。

かつての行政保健師は都道府県の保健所での活躍が多かったのですが、近年における国の機関委任事務の委譲や都道府県保健所の統廃合もあって市町村における保健所若しくは保健センターでの勤務が主になっています。よって、行政保健師と言えば大方は地方公務員としての立場であることがほとんどとなるでしょう。

また、市町村の保健センターは妊娠中や小さな子度を連れた母親、若しくは高齢者の健康維持に特化しているとことが多くなっています。そのため、保健センターでは子供や高齢者の定期健診などを無料で行うことも多く、健康に関するイベントや相談コーナーを随時開催していることもおおいのです。

この地方公務員としての行政保健師の採用試験になりますと、人事委員会を通した一般行政職としての職員採用のルートとは別の方法で採用されることが多くなります。その採用方法は各地方自治体によって異なり、また業務内容も自治体の実情によって具体的に変わって来ることもあるのです。

さらに、そんな行政保健師として国家公務員になれる機会は極めて少ないと言え、国家公務員の職種で保健師資格者の採用があれば良いのですが通常は採用があっても若干名を全国規模で採用することになります。よって、国家公務員としての行政保健師としての勤務は完全に運次第と言えるでしょう。

それでも、地方公務員としての行政保健師も決して採用枠が多いと言うわけではなく、地方公務員の採用数の減少によって保健師の採用数も年々減少している傾向にあります。保健師はただでさえ、どの職場でも採用人数が少なくて人気の職種となりますので保健師の求職難は一層深刻になって行くことが予想されているのです。

さて、行政保健師の求人は非常に難関ですが、一般的な職場における保健師求人ならまだまだチャンスは多くなります。求人サイトなどのネットサービスに無料登録をしていけば効率的な求人紹介が可能になりますよ。