行政保健師求人トップページ > 行政保健師の転職成功の秘訣は?

行政保健師の転職成功の秘訣は?

行政保健師の転職には、まず公務員試験をパスしなければならないという関門が控えています。転職成功の秘訣としては、まずは公務員試験をパスすることに全力を注ぎましょう。保健師の採用試験は、都道府県と政令市とでは、少し変わっているという特徴があります。しかしながら、基本は筆記試験と面接試験ですから、やっておくべき対策というものは、ほとんど同じになると言えるでしょう。

公務員試験をパスするために、その科目などについては事前にしっかりとリサーチしておき、必要があれば、公務員試験に強い予備校などを利用するというのもひとつの手段だと言えるでしょう。もしも自分が働きたい自治体での保健師の募集が行われていないという状況であるならば、次の募集が出されるまでの期間は、他の自治体で保健師として働き、経験を積むという選択肢もありますね。

筆記試験の点数がある程度必要な公務員試験でも、面接試験は、非常に大切な試験と言えるでしょうね。いくらペーパーテストの成績がよかったとしても、面接の出来が悪ければ、それは問題視されるポイントになるでしょうからね。新卒の人間であれば、保健師としての実績はアピールすることができませんよね。つまりは、全員がイーブンの状態で面接されることになるわけです。ですから、新卒の面接試験の場合には、これから保健師として、どのように働いていきたいのか、行政保健師として何をしたいと思っているのか。またどうしてその場所で働きたいと思っているのかを自分の言葉でしっかりと伝えることが、ポイントとなってくることでしょう。

行政保健師の仕事の中には、保健指導などの業務も当然に行っていかなければなりませんし、その割合も多いと言えるでしょう。つまりは、会話を中心としたコミュニケーション能力が高くなければ、務まらないといえるのです。ですから、自分の言葉で相手にわかりやすくものを伝えるということは、保健師として、非常に重要な要素であると言えるのです。特別にインパクトがあるようなことを言うことができなくとも、どこかのテキストに載っているような他人の言葉をパクったような言葉ではなく、自分なりの言葉で相手に伝えることが、面接試験パスのポイントになってきます。

また新卒者ではなく、転職を希望している場合であれば、面接試験の際には、今まで携わってきた業務経験を、できる限り積極的にPRすることが何よりも大事な要素になってきますよ。