行政保健師が転職で人気の理由は?

保健師という資格を持っている人間であれば、いろいろな働き方があります。企業等で健康管理などの業務に当たる産業保健師や、学校等で生徒や教職員などの健康管理や予防活動などを行う学校保健師、そして地域の自治体等で働く行政保健師などの道も開けているという多様な道が用意されているのです。

その中でも、行政保健師の道は、多くの保健師資格保有者に人気のある職業になっているのです。行政保健師の扱いは、地方公務員になります。行政看護師の場合には、公務員になるための試験を受けることはなく、公立や国立の病院機関に採用されれば、そのまま公務員として扱われることになるのですが、行政保健師になるためには、公務員採用試験をしっかりと受験し、それに合格しなければなりません。

大まかな流れとしては、1次試験と2次試験とがあり、一次試験では教養試験と呼ばれる筆記試験を受けることになります。そしてその後に2次試験で面接や身体検査を受けなければならないわけです。地方公務員試験での倍率ですが、その地域、地域によって、違いというものがあります。ただし、首都圏や政令指定都市などの都会における一般的な就職と比べればそう厳しい状況ではないと言えるでしょう。

保健師と言う仕事は、まず保健師国家試験にパスしなければならないということ。そして保健師や看護師という職業は、慢性的な人材不足に陥っている状況にあるからなんです。また公務員試験と言っても、一般的な地方公務員試験ではなく、保健師の分野からの一般教養問題になりますから、筆記試験に関しては、保健師としての知識を、きちんと勉強してれば問題ないレベルのものなのです。

こういった意外にも合格する確率が高いという事実があり、待遇面でのメリットが高いということがあるからこそ、行政保健師の仕事は、保健師の就職や転職先として、とても人気の高い案件であると言えるのです。

また待遇に関していえば、やはり公務員への待遇は、安定性に富んでいるし、民官格差を代表として、公務員の方が待遇は良いということが常識的にあるようですね。また休暇などに関しても、民間病院などよりは多いですし、賞与もしっかりと出るという傾向があることから、「きっちりしている」という特徴があると言えるでしょう。だからこそ、これだけ保健師の間で求人が殺到するという現象が起きているわけです。また地元において、地域住民と密接に関わって仕事をすることができるというのも、選択される理由のひとつだと言えるでしょう。最新ランキングでは、ディップが運営するマイナビ看護師がその実績を評価され1位を獲得しています。

行政保健師の看護師求人に強いサイトランキング!

マイナビ看護師

マイナビ看護師
  • ・入職後、キャリアアップをサポートするために担当のコンサルタントが無料でつきます。
  • ・コンサルタントがご希望の職場への転職を実現させるため、どんな案件でも徹底サポート。
  • ・9万件の豊富な転職案件から探せるので、希望に合った求人が見つかると口コミでも評判。
  • 全国90%の求人をカバーしているので、案件数の幅広さでは業界トップクラスの声も。
  • ・地域、エリア、術科、ワーク・ライフバランスなど、細かく条件を設定して検索できる!
  • 行政保健師になるための、試験対策、面談対策もばっちりなので、転職成功率が高い。
  • ・求人情報を詳細に掲載。転職後のミスマッチを防ぐ工夫を実施している点は高評価。
  • コンサルタントが保健師の転職を支援!面接や職場環境のリアルな情報を教えてくれる!

詳細はこちら

ナース人材バンク

ナース人材バンク
  • 看護師だけでなく、保健師の転職サイトとして信頼の高い業界ナンバーワンのサイト。
  • ・利用者の80パーセントの人間が、もしも転職するなら、また利用したいという満足の声。
  • ・キャリアコンサルタントがあなたに代わり、条件交渉などを代行してくれるから転職が楽。
  • 行政保健師など、一般公開すると応募が殺到する好条件の非公開求人も多数!
  • ・転職後のトラブルを防ぐために入職条件を内定先の捺印付きで書面にしてくれる!
  • コンサルタントが、あなたの希望条件をしっかりヒアリングし、満足いく求人を案内
  • ・医療業界では数少ない上場企業!プライバシーマークを取得しているため安心感が違う。
  • ・1分で簡単登録を済ませるだけで、入職までのすべてのサービスを無料で受けられる。

詳細はこちら

看護プロ

看護プロ
  • 求人探しから就任まで、専属コンサルタントが責任を持ってサポート!人気NO.1!
  • 医療に特化した転職サイトなので、看護師に役立つ情報もたくさん公開されています。
  • ・全国から独自のネットワークで求人情報を探すので、非公開求人も多数保有しています。
  • ・忙しい方にも便利なスカウトサービス。医療機関から直接メールを受け取れます。
  • ・経験豊富な看護師専任のコンサルタントが、あなたの転職成功をお手伝いします。
  • ・未経験業務へのキャリアシフトなど、不安の多いケースにも柔軟にサポートしています。
  • 面談にコンサルタントも同行するので、求人先とのやりとりも安心して取り組めます。
  • ・ブランクがある再就職であっても、コンサルタントが一つ一つ問題解決に務めます。

詳細はこちら

行政保健師に強い看護師転職サイトは?

保健師という職業は職場によって行政保健師、産業保健師、学校保健師に大きく分けることができます。さらにいえば、在宅保健師や臨時保健師として常勤の保健師をサポートしている保健師さんもいらっしゃいますね。行政保健師の場合には、さらに市町村保健師と保健所保健師に分けることができ、勤務先や業務対象者や目的なんてものが違ってきます。

行政保健師の中の市町村保健師は、市町村の保健センターや保健・福祉サービスを行う行政内の児童家庭課や、高齢者福祉課などに公務員として勤務することになります。行政保健師は実は保健師の職業選択の際に、とても人気の集まる保健師の就業スタイルだと言われています。それは「公務員」になることができるからなんですね。役所の仕事であれば、民間病院などとは違い、拘束時間が長く、労働が過酷であるなんていうような劣悪な状況には陥りません。

勤務時間はきっちりと決まっているし、残業は少なく、休日もちゃんと決められていて消化率はもちろん高い。その上で、給与は民間のそれよりも高く、ボーナスだってしっかりと出るし、退職金だって期待できる。こうなれば、誰もが目指す理由も理解できるというものです。

こんないいことずくめの行政保健師ではありますが、一つだけデメリットがあります。それはあまりの好条件のために、誰もがなりたがり、競争率が自然と高くなるという点です。ですから、それを証拠に、ハローワークやインターネット検索などをしても、なかなか行政保健師の求人案件を目にする機会は少ないでしょう。

これは求人が出た途端に、応募が殺到し、すぐに決まってしまうことが多いからにほかならないわけです。ですから、こういった人気案件というものは、マイナビ看護師などの医療系専門の転職支援サービスサイトに登録し、各支援サイトが抱えているであろう非公開求人の中から紹介をしてもらうというアクションを起こすことの方が賢い転職のやり方だと言えるでしょう。また、逆指名制度を用いている転職支援サービスサイトも存在しますから、行政保健師として○○で働きたいといえば、キャリアコンサルタントが、交渉にあたってくれます。

一般的に行政保健師のように、良質すぎる案件というものは、募集をかける側も応募が殺到してしまうと困ってしまうために、こういった転職支援サービスサイトに、人員の確保を依頼していることが多いものなのです。ですからこういったサイトを利用して、一般的には見ることができない良質な案件を紹介してもらうことこそ、人気の高い行政保健師への道が開ける方法だと言えるのです。

行政保健師の募集先の見つけ方は?

行政保健師は都道府県が持つ保健所で働く保健師と、自治体が持つ保健センターで働く保健師がいます。どちらの保健師も公務員として扱われるので、保険資格を持っているだけではなく同時に公務員試験を受ける必要があります。行政保健師は一般の保健師にくらべて休暇が取りやすく非常に高待遇となっているため、現在日本で働く保健師の半分以上は公務員である行政保健師です。雇用形態は正社員や臨時職員がありますが、どのみち保健師になるには採用試験を受けなくてはいけません。

近年では一般企業から病院、保険センターの就職にも転職サイトを利用する人が多くなりましたが、人気の理由として、入職までの効率がよく、今ではIT専門、医師専門、看護師専門の転職サイトも存在しており、各希望職種に合わせたサービスを受けることができます。行政保健師の募集先の場合は看護師専門の転職サイトの利用が良いでしょう。

特に看護師や保健師の求人は、一般に公開されることのない「非公開求人」として扱われているケースが多いです。公開されないからといって、決して怪しい求人ではありませんので安心してください。求人が非公開になっている理由として、事業や業務の戦略に直結していることや効率的な採用を行うことが挙げられます。特に行政保健師はスキルや実務経験を持った職種経験者が採用されやすく、より能力が高い人を集めやすくするために非公開になっているようです。

行政保健師の募集先の見つけ方は、この非公開求人を多く保有している看護師転職サイトが一番効率よいといえるでしょう。人気が高いサイトには「ナースフル」や「マイナビ看護師」などがあります。これらのサイトは単に求人を掲載しているだけではなく、就職に有利になるようなテクニックや面接指導、履歴書の書き方などのサービスも無料で行っています。サイトによっては対応エリアが設けているところもありますが、ほとんどのサイトは全国に対応しているため、きっと地元の行政保健師求人を見つけることができるでしょう。

行政保健師の募集先の見つけ方は転職サイトの利用だけではなく、直接保健所や保健センターに問い合わせる方法、サイトの採用情報をチェックする方法、転職エージェントの会社でコンサルタントと探す方法などがありますが、行政保健師の募集人数はどの地域も少数なので、競争率が高くなることが予想されます。そのため1ヶ所に限らず複数の保健所を受けることも、行政保健師になるための一つの方法と言えるでしょう。

行政保健師の転職成功の秘訣は?

行政保健師の転職には、まず公務員試験をパスしなければならないという関門が控えています。転職成功の秘訣としては、まずは公務員試験をパスすることに全力を注ぎましょう。保健師の採用試験は、都道府県と政令市とでは、少し変わっているという特徴があります。しかしながら、基本は筆記試験と面接試験ですから、やっておくべき対策というものは、ほとんど同じになると言えるでしょう。

公務員試験をパスするために、その科目などについては事前にしっかりとリサーチしておき、必要があれば、公務員試験に強い予備校などを利用するというのもひとつの手段だと言えるでしょう。もしも自分が働きたい自治体での保健師の募集が行われていないという状況であるならば、次の募集が出されるまでの期間は、他の自治体で保健師として働き、経験を積むという選択肢もありますね。

筆記試験の点数がある程度必要な公務員試験でも、面接試験は、非常に大切な試験と言えるでしょうね。いくらペーパーテストの成績がよかったとしても、面接の出来が悪ければ、それは問題視されるポイントになるでしょうからね。新卒の人間であれば、保健師としての実績はアピールすることができませんよね。つまりは、全員がイーブンの状態で面接されることになるわけです。ですから、新卒の面接試験の場合には、これから保健師として、どのように働いていきたいのか、行政保健師として何をしたいと思っているのか。またどうしてその場所で働きたいと思っているのかを自分の言葉でしっかりと伝えることが、ポイントとなってくることでしょう。

行政保健師の仕事の中には、保健指導などの業務も当然に行っていかなければなりませんし、その割合も多いと言えるでしょう。つまりは、会話を中心としたコミュニケーション能力が高くなければ、務まらないといえるのです。ですから、自分の言葉で相手にわかりやすくものを伝えるということは、保健師として、非常に重要な要素であると言えるのです。特別にインパクトがあるようなことを言うことができなくとも、どこかのテキストに載っているような他人の言葉をパクったような言葉ではなく、自分なりの言葉で相手に伝えることが、面接試験パスのポイントになってきます。

また新卒者ではなく、転職を希望している場合であれば、面接試験の際には、今まで携わってきた業務経験を、できる限り積極的にPRすることが何よりも大事な要素になってきますよ。